城下町高梁岡山

大正時代町家カフェ 

 

 

Good old days 

どこかで出会ったような 

懐かしい未来   

 

In  Jazz & Blues,

Please make yourself

at Beniwo with organic specialty coffee our own roast and books.

      

  by  cafe' de beniwo

第二回広兼邸「花めぐり」

第2回広兼邸

  「花めぐり」-しゃくやくを花題にして

 

2014年 5月24日(土)~6月1日(日)

 会場 広兼邸離れ座敷・衆楽園

   (岡山県高梁市成羽町中野2710)

 

開館時間    9:00~16:00(会期中無休)

広兼邸入場料  大人300円/小中学生150円

特別開館    衆楽園*花カフェ 500円 

ワークショップ 花ローソクつくり 随時募集

        (朱音 080-1909-1334)

 

◆ 江戸時代後期に銅山とローハ(ベンガラの材料)製造で巨大な財を

  成した庄屋広兼邸。壮大な石垣に包み込まれるように立つ母屋や大

  正時代に当主の結婚式のために建てられた離れ座敷などが残されて

  います。期間中のみ離れ座敷におあがりいただけますので、雄大な      空気感とともに瑞々しい植物たちとの共鳴をお楽しみください。

  

   広兼邸 http://goo.gl/44OPD1

   (1977年の松竹映画『八つ墓村』などの映画のロケ地) 

  

◆ 花めぐり

  離れ座敷に飾られた花を眺めながら、新緑の世界を存分に味わって

  ください。枯れて垂れ下がる藁一本、野山に、、、、、。

 

◆ 衆楽園

  邸宅の向かいの山には、明治初期に天広神社がたてられ、広兼個人

  の神社として祀られていました。境内には茶室や庭園などがあり衆

  楽園と呼ばれ、広兼を眺めるには最高の立地です。

 

◆ 花カフェ

  高梁の茶葉からうまれた地紅茶「高梁紅茶」をベンガラ焼きのティ

  ーボールにて。古代米の粉を混ぜた弁柄色の求肥に、桜あんと地元

  白菊酒造の大吟醸の酒粕クリームを包んだ、、、、。

 

 

主催    中野吹屋青年団

企画協力  吹屋ふるさと村陶芸の会/地域おこし協力隊 佐藤拓也

      花師 倉田安敏/NiccA/萱原和美/朱音/百姓のわざ伝承グ

      ループ 代表 藤田泉

後援    高梁市/高梁市教育委員会/高梁市成羽町観光協会吹屋支部

      

お問い合わせ先 加藤(090-3639-9459)